MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

「ペール・ギュント」第一組曲より:エドヴァルド・グリーグ / 井澗昌樹 [吹奏楽小編成-レンタル譜]

30,800円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0331
作曲: エドヴァルド・グリーグ
編曲: 井澗昌樹
演奏時間:0:08:30
Grade:4
編成:吹奏楽小編成/18人~
主要ソロ:Flute, Oboe
レンタル譜(スコア&パート譜)
商品コード:102-18817

在庫あり

  • YouTube
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 編成/曲目
  • 補足
  • ENGLISH

「ペール・ギュント」第一組曲より

グリーグの代表作の一つである劇付随音楽『ペールギュント』を作曲者本人が管弦楽のために編作した組曲は2つ存在します。この楽譜は第一組曲を用いたものです。
グリーグの豊かな叙情的側面が存分に発揮された美しい音楽であり、その雰囲気を大切にしながらも、いくつか私自身のアイディアを織り込みました。原曲との大きな相違点は下記の2点です。

・第2曲と第3曲の順序を入れ替えています。
・第1曲「朝」の主題を他の楽曲にも流用することによって、循環形式のようなまとまりを目指しています。


「山の魔王の宮殿にて」の演奏において、いくつか注意点を記させてください。

・スタッカートの有無がやや不統一な箇所があります。これはつけ忘れているのではなく、省略している or 奏者に一任しているとご理解ください。原曲のスコアも容易に入手できますし、ネット上には名演が溢れかえっています。色々参考になさった上で、四分音符の扱いについて決定していただければと思います。

・原曲では時間をかけて徐々にヒートアップしてきますが、この楽譜はいくつかのシーンをカットしています。どのようにアクセルをかけていくか、私から細かな指定はございません。

・練習番号29(m.252)以降のティンパニですが、二段に分けて記譜されています。
下段は私自身が最初に書いたもの、上段は録音時に奏者のアドヴァイスを受けて書き改めたものです(参考演奏は上段で収録しています)。下段は削除する方向で考えておりましたが、このアイディアはいかんとも捨て難く…
技術的な困難さに無理をして取り組む必要はありません。が、無意味なこととも思えませんので、可能性があるならばぜひ挑戦を、そうでなければ編曲者の意図を汲んで欲しいということで楽譜上に残す形としました。


最後に、カット案について。

演奏される状況によってはカットしなければいけないこともあるでしょう。原曲は4曲が独立したものでしたが、この楽譜は全てつながっています。ですので、楽章を抜き出すことは困難です。以下に挙げる箇所は無理のない音のつながりが得られるカットとなるでしょう。参考になさってくださいませ。

・練習番号5
・m.54-62
・やや意表をつく形にはなりますが、練習番号17-18(その場合 m.142 は総休止)(井澗昌樹)

仕様

アーティスト
作曲: エドヴァルド・グリーグ
編曲: 井澗昌樹
演奏形態
吹奏楽
編成
小編成/18人~
商品カテゴリ
レンタル譜/レンタル楽譜ご利用規約
演奏時間
0:08:30
グレード
4
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0331
発売日(年)
2024/01/10
キーワード
ストーリー, 盛り上がる, 歌える

スタディスコア/セット・版違いなど

【スコア】「ペール・ギュント」第一組曲より:エドヴァルド・グリーグ / 井澗昌樹 [吹奏楽スコア]

楽器編成

主要ソロ:Flute, Oboe
Flute 1
Flute 2 / doub. Piccolo
Oboe (optional)
Bassoon (optional)
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone (optional)
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3 (optional)
Horn 1
Horn 2 (optional)
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3 (optional)
Euphonium
Tuba
String Bass (optional)
Piano (optional)
Timpani
Percussion 1 (Suspended Cymbal, Triangle, Snare Drum)
Percussion 2 (Glockenspiel, Vibraphone, Bass Drum)
Percussion 3 (Marimba, Vibraphone, Cymbals)
トランペット最高音:A

井澗昌樹(Masaki Itani)

大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業。同大学大学院芸術文化専攻修了。作曲を澤田博、北川文雄の両氏に師事。

主な作品に、バリトン独唱と管弦楽のためのカンタータ「倭建命 流離譚」、トランペット八重奏曲「四季の奏鳴」など。吹奏楽作品に、「火の断章」(2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)、「Bye Bye Violet」、「愛の祭壇」など。

サイズ
A4/3cm未満

修正情報

PEER GYNT - SUITE I:Composer: Edward GRIEG
Arranger: Masaki ITANI

Peer Gynt, which is the incidental music to a play of the same name, is among the most recognized works written by Edward Grieg. Grieg himself created two orchestral suites from his Peer Gynt music, and this musical score is an arrangement of Suite No. 1.

This beautiful music fully captures Grieg's prolific ability to express his emotions. While staying true to the atmosphere produced by Grieg's suite, I incorporated several of my own ideas. The following two points represent the major departures from the original.

・I have switched the order of the second and third movements.

・By applying the theme of the first movement "Morgenstemning" to the other movements, I sought to produce a sense of cyclic coherence.

I would like to share a few points worth considering when performing "I Dovregubbens hall."

・There are parts where it may appear that staccato is applied somewhat inconsistently, but this was not an error of omission on my part. I would like you to understand that I have purposely left out this notation in an attempt to leave it to the judgment of the performer. Please decide on your own how to handle the quarter notes after referencing the original score and famous renditions of it.

・Although there is a gradual buildup over time in the original, several scenes have been omitted from this score. I do not have specific instructions regarding how to increase the tempo.

・From rehearsal letter 29 and onward, the timpani part is notated across two lines. The bottom line contains what I initially wrote myself, while the top line contains a version that has been revised based on advice received from the performers during recording. I had planned to delete the bottom line, but could not bring myself to discard my initial ideas. Therefore, I left this part on the score as an opportunity for performers to challenge themselves, but there is no need to feel obliged to incorporate these elements. The revised version should be referenced if the initial version would be too difficult from a technical perspective.

Lastly, I would like to offer my thoughts on how to separate the score.

While the original suite is comprised of four separate movements, this score is all connected. For that reason, it is difficult to split it into movements, but please refer to the following parts that would offer natural transitions.

・Rehearsal letter 5

・Measures 54 to 62

・This may be somewhat unexpected, but rehearsal letters 17 and 18 (in this instance, measure 142 would be a general pause)

Specifications

ARTIST
Composer: Edward GRIEG
Arranger: Masaki ITANI
INSTRUMENTATION
Windband / 16-25 Players
PRODUCT TYPE
Set / RENTAL
DURATION
0:08:30
GRADE
4
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0331
RELEASE
2024/01/10
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included

For foreign customers,

You can now purchase from overseas via WorldShopping BIZ.

Study scores, ensembles, and CDs can be ordered directly from our website.

Rental sheet music and some other items are not covered by this cart system, so please contact us by email.

Information

使えるクーポン

12vcxjle0y28

スタディスコア10冊以上で30%OFF

対象カテゴリ

  • 国内出版社 フォスターミュージック スタディスコア

30 % OFF

残発行枚数:82

下限金額:¥28,600

有効期間:2023/03/01 ~ 2024/12/31

閲覧履歴

履歴を消す

最近見た商品がありません。