MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

歌劇「運命の力」序曲(ファンファーレバンド版):ジュゼッペ・ヴェルディ / ピート・シュタルマイアー [ファンファーレバンド中編成]

40,370円 (税込)
Molenaar Edition/ML 020320070
作曲: ジュゼッペ・ヴェルディ
編曲: ピート・シュタルマイアー
演奏時間:0:08:22
Grade:6
編成:ファンファーレバンド中編成
輸入楽譜
商品コード:103-17834

お取り寄せ

  • YouTube

発送日目安:お取寄せ(納期はお問い合わせ下さい)

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
1 / 1
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

歌劇「運命の力」序曲(ファンファーレバンド版)

イタリアの偉大なオペラ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)は、ほとんど独学で作曲を学んだ。いくつかのオペラを作曲したが、2年も経たないうちに妻と2人の子供を失い(1838-1840)、作曲を諦めることにした。
しかし、彼は再び作曲するように説得され、1842年にオペラ『ナブッコ』で世界的に有名になった。その後、『リゴレット』、『イル・トロヴァトーレ』、『マスチェラの踊り』、『アイーダ』、『オセロ』、『ファルスタッフ』などの名作を次々と発表した。

この24作目のオペラ「運命の力」は、1862年にサンクトペテルブルクの帝国劇場で上演するために作曲された。フランチェスコ・マリア・ピアヴェのリブレットに基づいて書かれた4幕の作品で、リバス公爵ドン・アンジェロ・ペレス・デ・サーベドラが1835年に書いたスペインの悲劇「ドン・アルヴァロ」を題材にしている。

18世紀半ばのイタリアとスペインにおける不幸なアルバロの冒険が描かれており、レオノーレとインカの血を引く混血のドン・アルバロとの愛は、多くの障害に遭遇する。ロシアでの創作から1年後、このオペラは「ドン・アルバロ」というタイトルでローマで上演された。1869年のミラノ・スカラ座での上演のために、ヴェルディはこのオペラを改作し、当初の前奏曲を今では人気のある序曲に拡張した。この序曲は、よく知られたメロディーと有名な3和音のテーマを持ち、ヴェルディの序曲の中でも最もよく構成されたものの一つである。冒頭、トランペットの不吉な警告音で始まり、短調のドラマチックなテーマが導入される。第2主題は、第2幕の「聖母への祈り」から取られたもので、ロ長調の高貴な旋律である。第2主題はロ長調の高貴な旋律で、穏やかな牧歌的な旋律がそれに対比され、3つの主要主題の素材が見事なクライマックスへと結実する。

※ファンファーレバンド版もあり

仕様

アーティスト
作曲: ジュゼッペ・ヴェルディ
編曲: ピート・シュタルマイアー
演奏形態
ファンファーレバンド
編成
中編成
商品カテゴリ
輸入楽譜
演奏時間
0:08:22
グレード
6
出版社 / 品番
モレナール・エディション / ML 020320070
発売日(年)
キーワード
名曲
関連情報
スコアサンプル(外部サイトにリンクします)
サンプルスコア参照
サイズ
レターケースサイズ

LA FORZA DEL DESTINO OUVERTURE/OVERTURE

The great Italian opera composer Giuseppe Verdi (18131901) was largely selftaught. He composed some operas but then in less than two years' time he lost his wife and two children (18381840) and decided to give up composing. However he was convinced to write again and in 1842 he became world famous with his opera 'Nabucco'. This was followed by several masterpieces such as Rigoletto, Il Trovatore, Un ballo in maschera, Aida, Othello and Falstaff. His twentyfourth opera 'La Forza del Destino' was composed in 1862 for a performance at the Imperial Theatre of Saint Petersburg. This four act opera was written to a libretto by Francesco Maria Piave, based on the Spanish tragedy 'Don Alvaro' written in 1835 by Don Angelo P rez de Saavedra, Duke of Rivas. It tells the adventures of the unfortunate Alvaro in Italy and Spain in the middle of the eighteenth century. The love between Leonore and the halfbreed of Inca descent Don Alvaro meets a lot of obstacles. One year after the creation in Russia, the opera was performed in Rome under the title 'Don Alvaro'. For the performance at the Scala in Milan in 1869, Verdi transformed the opera and also extended the original prelude into the now popular overture. This overture boasts the bestknown melodies as well as the famous threechord theme and is one of the beststructured overtures by Verdi. It opens with an ominous warning note of the trumpet, introducing a dramatic theme in a minor key. The second theme, taken from the Prayer to the Virgin in Act II, is a noble melody in B major. A gentle pastoral melody forms a contrast to this, and the material of the three principal themes is worked up into a brilliant climax.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Giuseppe VERDI
Arranger: Piet STALMEIER
INSTRUMENTATION
/ 30 - 45 players
PRODUCT TYPE
Set / IMPORT
DURATION
0:08:22
GRADE
6
PUBLISHER / Code
Molenaar Edition / ML 020320070
RELEASE
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS