MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

ピース コンチェルタンテ:中村匡寿 [クラリネット5重奏]

4,840円 (税込)
CAFUAレコード/CEM-083
作曲: 中村匡寿
演奏時間:0:05:00
編成:クラリネット5重奏
Bb Cl. 1/Bb Cl. 2/Bb Cl. 3/Bb Cl. 4/Bs.Cl.
アンサンブル楽譜
商品コード:107-17819

お取り寄せ

  • YouTube

発送日目安:国内お取寄せ(1〜3営業日)

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
1 / 1
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

ピース コンチェルタンテ

上級者向けの「協奏的小品」。無調的で不安定な旋律、ヘテロフォニックな書法を取り入れるなどクラリネットの多様な表現力を引き出す作品です。
5人が複雑に絡みながら一糸乱れず心を合わせる必要があります。

本作は[Le Seuil Ensemble]の委嘱による木管五重奏作品を、龍谷シンフォニックバンドの要請によりクラリネット五重奏へ編曲したものである。
この作品では、主に無調的な旋律の美しさと和声の美しさの両立が志向されている。
全体は小規模の3つの部分から成っており、冒頭では12音的な旋律美を1st Cl.が一手に引き受け、それに伴う背景は調的な叙情性を欠くことなく細心の注意を払ってハーモナイズされ、安直な機能和声が聴こえることを徹底的に嫌っている。そして徐々に和声と律動が緊張度を増し、ataccaで第2部へ入る。
ここでは対位法的な書法とTutti、そしてヘテロフォニックな書法により五重奏という形態に於ける様々なテクスチュアが探求され、展開されている。楽想としては非常に抽象的だがやはりどの瞬間を切り取っても旋律線と縦の響きは厳密にコントロールされ、所謂ドミナントとトニックに近い関係を生み出し推進力を得ている。
7拍子の舞曲から始まる第3部は、これ自体がさらに3つに分かれたコーダとなっている。舞曲では旋法的な音組織とリズムの趣向が際立つ。それが収束した後、新たな技巧的楽想から冒頭の様相へ回帰し、曲を閉じる。(中村匡寿)

仕様

アーティスト
作曲: 中村匡寿
演奏形態
クラリネット
編成
5重奏
商品カテゴリ
アンサンブル楽譜
演奏時間
0:05:00
出版社 / 品番
CAFUAレコード / CEM-083
発売日(年)
2021/07/14
関連情報
試聴する(外部サイトにリンクします)

関連商品

【CD】第44回全日本アンサンブルコンテスト全国大会 - 大学・職場一般編(2枚組):さまざまな演奏者による [アンサンブルCD]

楽器編成

Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Bb Clarinet 4
Bass Clarinet
サイズ
A4/1cm未満

PIECE CONCERTANTE~FOR CLARINET QUINTET~

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Tadahisa NAKAMURA
INSTRUMENTATION
Clarinet / Quintet (5patrs)
PRODUCT TYPE
Set / ENSEMBLE
DURATION
0:05:00
PUBLISHER / Code
CAFUA Records / CEM-083
RELEASE
2021/07/14
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS