MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

吹奏楽のための狂詩曲~九頭龍大神の伝説による:近藤礼隆 [吹奏楽スコア]

2,860円 (税込)
フォスターミュージック/FML-0262FS
作曲: 近藤礼隆
演奏時間:0:06:00
編成:吹奏楽中編成/35人~
スコア
商品コード:302-08610

在庫あり

  • スコアサンプル
※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

吹奏楽のための狂詩曲~九頭龍大神の伝説による

九頭龍大神(クズリュウオオカミ)という、九つの頭と龍の尾を持つ鬼が日本の神話や伝説にたびたび出てきます。不思議なことにその伝説は全国各地に及んでおり、その内容もさまざまです。ある場所では九頭龍大神が恵みの雨をもたらし多くの人を助けたという言い伝えがあり、またある場所では九頭龍大神が大洪水を起こし人々を襲ったという言い伝えもあります。おそらくこれらの伝説は、人間にとってとても太刀打ちできない自然の恵みと脅威、その中でも雨や川などの水に関する自然現象を神格化したものなのでしょう。
さて、この作品は、九頭龍大神の伝説にインスピレーションを得て制作したものです。曲は大きく緩急緩の構成になっており、それぞれ「祈り」「暴れる九頭龍大神」「祈り、恵み」といった場面をイメージしています。全体的に日本的なテイストで音楽を作っていますが、特に「祈り」の部分では、篳篥や笙などの和楽器の音色を想起させる響きを目指しました。
なおこの作品は、2018年 3月に行われた《作曲の会「Shining」第10回作品展》にて、竹内健人指揮・都内音楽大学生有志の演奏によって初演されました。また、21世紀の吹奏楽 第22回“ 響宴 ”に入選し、加島貞夫指揮・東海大学菅生高等学校吹奏楽部の演奏によって再演され、第52回JBA「下谷賞」を受賞しました。(近藤礼隆)

仕様

こちらの作品には、ほかに「小編成版:FML-0257FS」がございます。
版違いによる返品交換は承りかねますので、お間違いのないようにお申込ください。

アーティスト
作曲: 近藤礼隆
演奏形態
吹奏楽
編成
中編成/35人~
商品カテゴリ
スコア
演奏時間
0:06:00
出版社 / 品番
フォスターミュージック / FML-0262FS
JANコード
4560318471603
発売日(年)
2020/04/20

※参考動画はまだありません。演奏動画を掲載させていただける方はぜひご連絡ください。



スタディスコア/セット・版違いなど

【レンタル譜】吹奏楽のための狂詩曲 九頭龍大神の伝説による:近藤礼隆 [吹奏楽中編成]
【レンタル譜】吹奏楽のための狂詩曲~九頭龍大神の伝説による〈小編成版〉:近藤礼隆 [吹奏楽小編成]

関連商品

【CD】21世紀の吹奏楽「響宴XXII」新作邦人作品集(2枚組):さまざまな演奏者による [吹奏楽CD]

楽器編成

Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe
Bassoon
Eb Clarinet
Bb Clarinet 1 (div.)
Bb Clarinet 2 (div.)
Bb Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1
Horn 2
Horn 3
Horn 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass
Timpani
Percussion 1 (締太鼓, S.D., Shaker)
Percussion 2 (4 Tom-toms, 3 Wood Blocks, Glock.)
Percussion 3 (B.D., Sleigh Bells)
Percussion 4 (Glock., Cymbals, Sus.Cym., Tam-tam, Whip)
Piano
サイズ
A4/1cm未満

RHAPSODY OF JAPANESE FOLKLORE KUZURYU

Kuzuryuookami is a demon with nine heads and a dragon's tail that often features in Japanese myths and legends. Curiously, this legend had spread through various regions in Japan, resulting in multiple variations of the same legend. One version of the legend recounts how Kuzuryuookami had helped many people by bringing rain, while another version has it that the demon had summoned great floods and attacked people. It is likely that these legends are our way of imbuing a divine character to the gifts and threats of nature, among them the waterrelated natural phenomena of rain and floods, whose sheer power human beings are ultimately unable to match. This piece was inspired by the legend of Kuzuryuookami. It largely follows a slowfastslow structure, with the individual sections representing "prayers," "a rampaging Kuzuryuookami," and "prayers and blessings," respectively. Although the piece had been mainly composed with a Japanese style in mind, the "prayers" section in particular aims to create a sound reminiscent of the tone of traditional Japanese musical instruments such as the hichikiri and sho. This piece was premiered at the 10th Recital of the Young Composers' Association "Shining" in March 2018 by students of music colleges in Tokyo under the direction of conductor Kento Takeuchi. It was featured in "KYOEN XXII prosperous future for band into the 21st century" and was performed again by Tokai University Sugao High School, Wind Symphony under the direction of conductor Sadao Kajima. This piece was also the winner of the 52nd Japan Bandmasters Association Shitaya Prize.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Noritaka KONDO
INSTRUMENTATION
Windband / 30 - 45 players
PRODUCT TYPE
STUDY SCORE (PARTS Sold separately)
DURATION
0:06:00
PUBLISHER / Code
fostermusic Inc. / FML-0262FS
JAN
4560318471603
RELEASE
2020/04/20
OVERSEAS SHIPMENT
Yes
EUROPEAN PARTS
Not Included