MENU
会員登録
新規会員ご登録はこちら
ログイン
会員の方はこちらからログイン

現在カート内に商品はございません。

主題と変奏 Op.43a(スコア&パート譜):アルノルト・シェーンベルク [吹奏楽輸入楽譜]

0円 (税込)
G. Schirmer (Hal Leonard)/Bel-1043/Bel-1043P
作曲: アルノルト・シェーンベルク
演奏時間:0:11:00
輸入楽譜
商品コード:103-18376

お取り寄せ

発送日目安:お取寄せ(納期はお問い合わせ下さい)

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら
※¥11,000(税込)以上のご注文で国内送料が無料になります。

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
主題と変奏 Op.43a(スコア&パート譜):アルノルト・シェーンベルク [吹奏楽輸入楽譜]
1 / 0
  • 概要
  • 詳細
  • 補足
  • ENGLISH

主題と変奏 Op.43a(スコア&パート譜)

「主題と変奏」作品43を作曲するようシェーンベルクに勧めたのは、ニューヨークのSchirmerの社長、カール・エンゲルであった。エンゲルには、アメリカの吹奏楽のレパートリーを、優れた新曲作曲家の挑戦的な作品で充実させたいという思いと、アメリカで人気のあるこのメディアで成功すれば、シェーンベルクの財政難を救うことができるという思いがあったのだ。

義理の息子フェリックス・グライスルに励まされ、シェーンベルクは1943年6月20日に対位法の教科書を書き終えると、この曲に取りかかり、7月3日に完成、その後数週間でオーケストレーションした(最後に「8月24日」の日付が記されている)。

この曲がまだ書かれている最中に、シェーンベルクの設定の複雑さが、アメリカのほとんどの吹奏楽団の技術的能力を超えている可能性があることはすぐに明らかになった。そこでグライスルは1942年8月16日付の手紙で、シェーンベルクに交響楽団のための版を作るよう提案し、作曲者は快くこの仕事を引き受けたようで、交響楽団のための版(作品43b)は1943年10月に完成したはずである。

管弦楽版の作品43bは、1944年10月20日にセルジュ・クーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団によってボストンで世界初演されたが(シェーンベルクは満足しなかった)、吹奏楽版は初演まで数年待たねばならなかった。初演は、エドウィン・フランコ・ゴールドマンが創設したニューヨークのゴールドマン・バンドの指揮者リチャード・フランコ・ゴールドマンが指揮することが最初から決まっていたようで、ゴールドマンの兵役のために長い間遅れて、1946年6月27日にニューヨークで初演された。


(Thema). Poco allegro
1st variation
2nd variation: Allegro molto
3rd variation: Poco adagio
4th variation: Tempo di valse
5th variation: Molto moderato
6th variation: Allgero
7th variation: Moderato Finale: Moderato

初演
op. 43a: 1946年6月27日、ニューヨーク(ゴールドマン・バンド、監督:リチャード・フランコ・ゴールドマン)
op. 43b:1944年10月20日、ボストン、シンフォニー・ホール(ボストン交響楽団、指揮:セルゲイ・クーセヴィツキー)

現在レンタル楽譜で取り扱いとなっています。価格は要調査
G. Schirmer (Music Sales Classical)

仕様

アーティスト
作曲: アルノルト・シェーンベルク
演奏形態
吹奏楽
商品カテゴリ
輸入楽譜
演奏時間
0:11:00
出版社 / 品番
シャーマー / Bel-1043/Bel-1043P
発売日(年)
関連情報
公式サイト(外部サイトにリンクします)
2+pic.2.3+Ebcl+acl+bcl.2asx+tsx+barsx.2/4.2+2cnt+2flg.3+bar+euph.1/timp+perc/db
サイズ
レターケースサイズ

THEME AND VARIATIONS OP.43A

It was Carl Engel, the president of Schirmer Publishing in New York, who suggested to Sch nberg that he compose the Theme and Variations for Full Band, Op. 43. Engel had two objectives in mind; for one thing, he believed that the American wind band repertoire should be enriched by a challenging work from an outstanding composer of new music and, for another, he thought that a success in that medium, so popular in America, could help Sch nberg out of his financial difficulties.

Encouraged by his soninlaw Felix Greissle (who also worked for Schirmer and had experience with American wind bands), Sch nberg finished writing a counterpoint textbook on June 20, 1943 and then went to work on the piece, which he finished on July 3 (see the first draft) and then orchestrated during the next few weeks (the blueprint fair copy bears the date “August 24, 1943” at the end).

Even while the piece was still being written, it soon became clear that the complexity of Sch nberg’s setting could possibly exceed the technical capabilities of most American wind bands. So, in a letter dated August 16, 1942, Greissle suggested that Sch nberg make a version for symphony orchestra and the composer seems to have taken up the task with alacrity; the version for symphony orchestra (Op. 43b) must have been finished in October 1943.

Whereas Op. 43b had its world premiere in Boston with Serge Koussevitsky conducting the Boston Symphony Orchestra on October 20, 1944 (although not to Sch nberg’s satisfaction), the wind band version had to wait several years for its own premiere. It seems to have been clear from the outset that Richard Franko Goldman, the conductor of the New Yorkbased Goldman Band (which his father Edwin Franko Goldman had founded), would lead the first performance which he did, on June 27, 1946 in New York, after a long delay due to Goldman’s conscription for military service.

Specifications

We cannot accept orders for international shipping from this site. Please contact us before ordering.

ARTIST
Composer: Arnold SCHONBERG
INSTRUMENTATION
Windband
PRODUCT TYPE
Set / IMPORT
DURATION
0:11:00
PUBLISHER / Code
G. Schirmer (Hal Leonard) / Bel-1043/Bel-1043P
RELEASE
OVERSEAS SHIPMENT
No
EUROPEAN PARTS